攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

2006年 日本 108分

SF, アニメ

考えさせられる

満足度:8/10

この作品ははじめて観た(これ以降の攻殻機動隊作品は実はすベて観ていない)。

TVアニメ「攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG」から2年後が舞台。
公開から12年経った今でも、作風のテンポも良く、これまでの劇場作品のような禅問答(ぼくはこれが共感持てて好きだったりもするのだけど)がなく、とても観やすい。

社会風刺とも取れるセリフは、今も何も変わらない社会問題となっている。
12年も経って、当時警笛を鳴らされていたにも関わらず、何も変わっていない日本を憂う。

20代の頃のマインドセットがよみがえって、辛い面もあった。
40代半ばで、いつの間にか社会に溶け込み、どこかに置き去りにしていた感覚。
正論だと分かっているけど、そこ生活したいと思っても、実際にはそれはとても生きづらい世界。
若さゆえ許される世界。
でも今では戻れない世界。
それでいいの?

結局、禅問答してる(苦笑)