ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ 完全版

Once Upon a Time in America

1984年 アメリカ・イタリア 229分

満足度:8/10

作品自体の存在は知っていた。
それこそ20年前以上、レンタルショップでアルバイトしていたとき、この作品は時期関係なく常にレンタルされる作品の一つだった。
でもなぜかこれまでずっと見ないでいた。

今年、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドが上映される。
それが見たいがために、ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカには触れておきたいと思ってたので視聴した。

1984年の制作されたことを考えると、とても内容の濃い作品だ。
ギャング系作品への興味が薄れたとはいえ、とても見応えのある作品。
20数年前に観ていたら、間違いなく星10だったろう。

ちなみに、1度観て、最後のワンシーンが気になって、その一週間後にもう一度観た。
3時間50分もある作品であるにも関わらず、だ。

二度目で一つ一つのシーンが伏線になっていて、要所要所に回収されていく様を知り作品の奥深さを知る。

そしてようやく最後のワンシーンに込められた感情を推測することができた。
どうやらその解釈は人によって違うらしい。