ディザスター・アーティスト

The Disaster Artist

2017年 アメリカ 98分

ドラマ

考えさせられる

満足度:7/10

実話をベースにした作品。

なんだろう。深読みし過ぎかもしれないが、実在する主人公トニーという人物をよく知らないから、映画を通して自分なりの解釈をつけるしかないのだけど、勝手にぼくの都合のいいようにトニーを理解してみた。

人の目を気にせず、ありのままを表現し続ける姿を全力で指示。
さらにその個性が周りに受け容れられずとも表現し続けられることがすごすぎる。
そんな中、自分自身に興味を持ってくれた人物の存在はどれだけ大きかったろう。

周囲から蔑まれようともありのままの自分をさらけ出して、それが笑われてしまったら、それは相当な自尊心が傷ついたことだと思う。
それをコメディとして受け容れたトニーの心境はどんなだったのか。
ここだけは都合の良い解釈にはしたくなくて、実際の表現者としての感覚はどのようなものかどうしても本人から聞きたい。

今なお、映画を作り続けているという。
その表現し続ける姿たるや。