カメラを止めるな!

ONE CUT OF THE DEAD

2018年 日本 96分

ドラマ

満足度:9/10

インディーズ日本映画でここまで話題になった作品はそうそうないのではないだろうか。
そんなに期待していなかったのだが、話題性につられて観てみた。
うーん、なんでこれがそんなに流行るのだろう、とツッコミたくなるようなシーンや演出がちょいちょい見られる。

でも。
見終えた後はその痛快さにブラボー。

ホラー映画やゾンビ映画が好きではない人は、きっとこの作品は観ない選択になっていると思う。
でも。
ホラーだとかゾンビとかは一旦横に置いておいて、騙されたと思って観てほしいオススメな作品。

実際に、ぼくはホラー映画やゾンビ映画は得意ではない。
それでも、例えば「ウォーキング・デッド」は観続けてしまう。
ゾンビ映画でありながらドラマ映画でもあるからだ。

この作品もゾンビ映画のように思うかもしれないが、それだけではないことを強調しておきたい。