モノ覚えが悪いなりに

幼い頃から記憶力が弱いことを自覚している。
長期的な記憶も短期的な記憶も苦手だ。

ただどういうわけか、一度聞いた音源や誰が何を話したかとか、ある特定の部分だけはしっかりと記憶されている(実際には記憶は都合の良いように書き換えられるらしいから事実かは別として)。

それでも20歳前後の頃は、大学受験を乗り切るためにひたすら勉強して記憶した。
大学に入ってからは完全に覚えることを諦めた。

30歳を越えてからは、インターネットが当たり前のように普及し、情報はなんでも簡単に入手できるようになったため、なおさら記憶する必要がなくなった。

それでよかった。

40歳を越え、大学の時から漠然と覚えたいと思っていた英会話を始めた。
知識量の必要性を強く感じるようになった。
カフェスタイルの英会話では、先生や生徒の世代は様々で、先生や生徒の数だけそれぞれのバックグラウンドを持っている。
ほとんどの先生は自分よりはるかに日本のことを知っているし、自分よりたくさんの日本の観光地を訪れている。

いつか日本史や世界史をもう一度学習し直そうと思っていた。
それは今なんだと思う。

たけたけ(川上武範) 1975年7月生まれ。シンプルシンプルデザイン代表。シンプルシンプルデザイン起業時に、この「たびのと」を立ち上げ運用開始。最近(2020年4月15日現在)では、新たに、Filmpathy(フイルムパシー)を立ち上げるべく準備中。